東北大学ロゴ生態適応GCOEロゴ
東北大学生態適応GCOEメイン写真1東北大学生態適応GCOEメイン写真2
生態適応GCOEとは
生態適応GCOE3つのミッション
生態系適応科学
生態系人材育成プログラム
環境機関コンソーシアム
国際モデルフィールド
生態適応GCOEの教育研究体制
GEMAの事業担当教員
GEMAスタッフ・支援メンバー
GEMA受講希望者へ
研究成果
コンソーシアム活動内容
若手海外派遣者リスト
セミナー・シンポジウム
お問い合わせ


東北大学生態適応グローバルCOE「環境激変への生態系適応に向けた教育研究」プログラムは,2013年3月をもって終了いたしました.当プログラムでの活動は,東北大学生命科学研究科「生態適応センター」にて引き継がれています.

東北大学生態適応GCOEトピックス
 


生態適応センターのウェブサイトが公開されました。



生態適応グローバルCOEによる電子書籍が公開されました。
生態適応科学
〜自然のしくみを活かし、持続可能な未来を拓く〜

>> 詳細はこちら



日程:3月19日
場所:仙台国際ホテル
>> 開催レポート




第4回生態適応GCOE国際フォーラム「Interface between Science and Policy」
日程:12月12-13日
場所:仙台国際センター
>> 詳細はこちら



Business and Biodiversity Offsets Programme (BBOP)スタンダード日本語版が公開
環境機関コンソーシアムによる「生物多様性オフセット研究会」の翻訳研究成果として、BBOPスタンダード日本語版が完成・公開されました。
>> BBOPスタンダード日本語版ダウンロード(pdf)
>> BBOPウェブサイト




PEM国際フィールド実習を行いました
>> 詳細はこちら




環境機関コンソーシアム・生物多様性オフセット国際シンポジウム「開発と生物多様性保全の在り方を考える」
日程:11月19日
場所:ロイヤルパーク汐留タワー
>> 詳細はこちら



生態適応GCOEコンソーシアム・シンポジウム「気候変動と生物多様性の危機」〜企業はどう準備すればいいのか〜
日程:10月26日
場所:海運クラブ(永田町)
>> 詳細はこちら




平成24年3月にPEM資格を取得した4人の記事が東北大学クロスオーバーに掲載されました。



環境機関コンソーシアム交流会 ―女川の現状と課題―
3月2日 13:00〜17:50
仙台国際センター
>>詳細はこちら
>>成果報告はこちら



ナチュラル・ステップ市民講座
2月19日 10:00〜17:00
名取駅コミュニティプラザ・プラザホール
>>詳細はこちら



グローバルセミナー東北「震災復興と生態適応」
2月16日 10:00〜18:00
東北大学・片平さくらホール
基調講演: Torbjörn Lahti (スウェーデンEsam社共同代表/ナチュラルステップのエココミューンコンサルタント)
>>詳細はこちら



東北沿岸生態連絡会 市民公開シンポジウム
>>詳細はこちら


第3回生態適応科学国際フォーラムが開催されました。

International Forum of Ecosystem Adaptability Science III
"Adaptability of Human Societies to Perturbation - Socio-economic challenges"
>>詳細はこちら
>>成果報告はこちら


海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト
8/12-14日に、浦戸諸島桂島・寒風沢島において被災地生態系モニタリング(試行)を行いました。詳細はこちら


この度、PEMの資格取得を目指す大学院生たちが分担執筆した、『社会的責任学入門』が東北大学出版会より刊行されました。「持続可能な地球」を見据えた人間社会の変革が求められている今、Social Responsibility(社会的責任)は、明確に意識すべきものになっています。社会における私たち一人ひとりの役割は何なのか、これからの個人・社会のあり方を問う一冊になっています。詳細はこちら


海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト


  東北大学生態適応GCOEニュース
   

2013/2/8 第82回生態適応セミナー(Aセミナー):
 池田 啓 博士(国立科学博物館)
「系統地理に始まりどこへ行く? -高山植物における隔離分布の歴史と光受容体を介した適応進化-」

2012/12/17 第81回生態適応セミナー(Aセミナー):
 山下聡 博士(森林総合研究所)
「東南アジア地域における人為活動が菌類の多様性に及ぼす影響」

2012/12/4 第80回生態適応セミナー(Aセミナー):
 上 真一 博士(広島大学大学院生物圏科学研究科 教授)
「クラゲ大発生:人為的環境改変による海の終着点か?」

2012/11/26 第79回生態適応セミナー(Aセミナー):
 黒江美紗子 博士(九州大学)
「耕作放棄の景観依存性 ~休耕田がもたらす野生動物個体数への影響~」

2012/11/21 第77回生態適応セミナー(Bセミナー):
 田中 章 博士(東京都市大学)
「日本における生物多様性保全の課題」
ウェイン・ホワイト氏(Wildlands社 ビジネス開発部ディレクター)
「アメリカにおけるミティゲーション・バンキングとコンサベーション・バンキング」

2012/11/9 第76回生態適応セミナー(Bセミナー):
 栗田 喜久 博士(OIMB, University of Oregon)
「2枚の貝殻の作り方 -胚発生からみる軟体動物の形態進化」

2012/11/7 第75回生態適応セミナー(Bセミナー):
(1)東樹 宏和 博士(京都大学・地球環境学堂)
「生物間相互作用の巨大ネットワークを読み解く」
(2)田辺 晶史 博士(京都大学・地球環境学堂)
「塩基配列と生物種名の深い谷: 新規準とアルゴリズムで橋を架ける」

2012/10/19 第74回生態適応セミナー(Bセミナー):
 長田 直樹 助教(国立遺伝学研究所)
「ゲノムの分岐パターンから探る,歴史,種分化,適応」

2012/9/5 第73回生態適応セミナー(Aセミナー):
 瀬戸 昌之 名誉教授 (東京農工大学)
「生態系における微生物の生活様式 ―土壌と水の微生物を例に―」

2012/7/13 第72回生態適応セミナー(Aセミナー):
 Richard P. Shefferson 准教授(University of Georgia)
「The evolutionary ecology of long-lived perennials: reproduction and inconsistent sprouting in a demographic context」

2012/6/27 第71回生態適応セミナー(Aセミナー):
 (1)ドキュメンタリー映画「タイガからのメッセージ」上映
 (2)白岩 孝行 准教授(北海道大学)
「オホーツク海・親潮の巨大魚附林としてのアムール川流域-現状と将来課題」

2012/5/28 第70回生態適応セミナー(Bセミナー):
 (1)片山 歩美 博士(九州大学 演習林)
「ボルネオ島熱帯雨林における土壌呼吸と炭素配分」
 (2)立木 佑弥 博士(九州大学 システム生命科学府)
「樹木豊凶(マスティング)進化に与える実生バンクの役割、有限集団サイズの効果」

2012/5/8 第69回生態適応セミナー(Bセミナー):
 新谷政己 博士(理化学研究所)
「遺伝子の「運び手」プラスミドの環境細菌集団内における真の宿主域の解明」

2012/3/15 第68回生態適応セミナー(Bセミナー):
 Thomas Zimmer 博士(University Hospital Jena)
「Effects of the Fugu Poison Tetrodotoxin (TTX) on the Mammalian Cardiovascular System」

2012/3/14 第67回生態適応セミナー(Aセミナー):
 宮腰昌利 博士(ヴェルツブルグ大学)
「細菌におけるsmall RNAによる遺伝子発現制御」

2011/12/14 第66回生態適応セミナー(Bセミナー):
 Télesphore SIME-NGANDO and Serena RASCONI(Génome et Environnement, Université Blaise Pascal)
「従属栄養鞭毛虫の正体、鞭毛菌類とその隠された機能 Heterotrophic flagellates and hidden putative functions from zoosporic fungi in pelagic ecosystems」

2011/12/9 第65回生態適応セミナー(Aセミナー):
 岩渕翼博士(東北大学生態適応グローバルCOE)
「消費型競争と餌の化学量:ミジンコを用いた実験的解析」

2011/12/2 第64回生態適応セミナー(Aセミナー):
 土居秀幸 博士(広島大学サステナブル・ディベロップメント実践研究センター)
「フェノロジーと食物網から環境激変への生物の応答を考える」

2011/11/11 第63回生態適応セミナー(Aセミナー):
 上須 道徳 博士(大阪大学環境イノベーションデザインセンター)
「社会科学の生態系へのアプローチ:生態系と人間社会の接点を考える」

2011/9/30 第62回生態適応セミナー(Bセミナー):
 武智正樹 博士(岩手医科大学 解剖学講座)
「脊椎動物における頭部形態の発生と進化」

2011/9/14 第61回生態適応セミナー(Bセミナー):
 Prof. Hyon-yeon Lee(Cheju National University, Korea)
「Development and environment risk assessment of genetically engineered turfgrass varieties with high commercial values」

2011/8/11 第60回生態適応セミナー(Bセミナー):
 Prof. Erik Svensson(Lund Unversity, Sweden)
「Ecological and non-ecological speciation mechanisms」

2011/7/15 第59回生態適応セミナー(Aセミナー):
 中村和徳博士(生態適応GCOEフェロー)
「土壌生物の相互関係:ミミズ腸内細菌群集構造解析からの考察」

2011/7/6 第58回生態適応セミナー(Aセミナー):
 菊池佐智子博士(生態適応GCOE助教)
「災害に強いまちづくりへの提案:屋上緑化の雨水流出遅延・抑制効果の定量化」

2011/6/22 第57回生態適応セミナー(Aセミナー):
 大手学博士(生態適応GCOE助教)
「共生者と宿主の対立と克服の分子メカニズム」

2010/6/8 第56回生態適応セミナー(Aセミナー):
 神山千穂博士(生態適応GCOEフェロー)
「機能形質の環境応答 -種・機能型・群集レベルの応答パターンの比較‐」

2011/5/25 第55回生態適応セミナー(Aセミナー):
 長太伸章博士(生態適応GCOE助教)
「遺伝浸透と生殖隔離機構 -オオオサムシ亜属の例-」

2011/5/11 第54回生態適応セミナー(Bセミナー):
 石川由希博士(東北大学生命科学研究科)
「社会性昆虫の分業を支える神経分子基盤 -兵隊シロアリの防衛行動を題材に-」

2011/5/11 第52回生態適応セミナー(Aセミナー):
 木村幹子(生態適応GCOEフェロー)
「生物多様性に配慮した持続可能な土地利用へ向けて:企業保有地を対象とした土地利用評価ツールの開発」
※3/16日の延期分

2010/04/22 第2回環境機関コンソーシアム交流会(3月4日開催)
 レポートをアップしました

2011/04/12 東北大学グローバルCOE「環境激変への生態系適応に向けた教育研究」特任教員募集
 グローバルCOEフェロー募集。締切5月6日(金)

2011/4/4 国際シンポジウム2011 生物多様性を測る ~企業で使える生態系サービス指標〜 (2月17日開催)
 共催の日経BPさんのウェブサイトに開催報告が掲載されました

2011/3/29 第2回 生態適応国際フォーラム 「持続可能な社会に向けた生態適応科学に関連する技術」
 開催報告をアップしました。

2011/3/18 第54回生態適応セミナー(Bセミナー):
 Prof. Timothy D. Colmer(School of Plant Biology, The University of Western Australia, Australia)
"Internal aeration of plants during soil waterlogging and submergence"
※震災の影響で中止とさせていただきます

2011/3/18 第53回生態適応セミナー(Aセミナー):
 瀬戸 昌之先生 (東京農工大学名誉教授)
「生態系における微生物の生活様式 - 土壌と水の微生物を例に」 ※震災の影響で中止とさせていただきます

2010/3/16 第52回生態適応セミナー(Aセミナー):
 木村幹子(生態適応GCOEフェロー)
「生物多様性に配慮した持続可能な土地利用へ向けて:企業保有地を対象とした土地利用評価ツールの開発」
※5月11日に延期しました

2011/2/21 第2回環境機関コンソーシアム交流会(3/4開催)

2011/01/24 国際シンポジウム2011 生物多様性を測る ~企業で使える生態系サービス指標~

2011/01/18 「生態環境人材育成プログラム」説明会
 ~時代が求める大学院教育を目指して~PEM(Professional Ecosystem Manager)育成プログラム/先端研究者育成プログラム 説明会のレポートを掲載いたしました。

 
   
グリーン復興
東北大学ホームページ

生命科学研究科
工学研究科土木工学専攻
農学研究科資源生物科学専攻
農学研究科応用生命科学専攻
経済学研究科経済経営学専攻
薬学研究科生命薬学専攻
情報科学研究科人間社会情報科学専攻
環境科学研究科