ますます人類の脅威となってきている地球環境変化。その問題を解決するためには、人間はさらなる英知を持って、生態系といかに付き合うべきかを研究しなければなりません。しかし、一つ問題があります。生態学・環境学に関する高度な能力と、解決プロジェクトを企画し、実践していくマネジメント能力を兼ね備えた人材が不足していることです。
生態適応GCOEでは、生態学・環境学の専門性に加え、世界的に活躍できる、幅広い視野と知性、先見性、洞察力などを備えた人材を育成します。我が国における生態学トップクラスの研究者の特色ある業績の活用、大学と社会との連携を図り、さらに、基礎(生態学・生物学)・技術(工学・農学)・社会システム(環境経済学・法学)という広い学問分野にまたがる融合的・学際的な教育・研究体制を通して、生物・生態系の適応力を利用し、それを社会的、国際的にマネーメントできる人材育成プログラムがPEMプログラムです。
 
  生態環境人材育成プログラム  
   
   
   
 

生態適応GCOEが輩出する人材は、緊迫する地球環境に即応した、まさに待ち望まれた人材として歓迎されることでしょう。その人材が実践的に活躍できることを認定するPEMを新設します。PEMとはProfessional Ecosystem Managerの略で、ドクターの資格をとり、厳しいカリキュラムを履修した方に付与されます。PEMプログラムの目的は、環境学、生態学に関する高い専門性を持ち、なおかつ、実社会で地球環境問題に対応し、解決していく人材として育成することにあります。実践能力と専門知識を武器に、海外の生態系保全現場にチャレンジする意欲のある人にぜひ挑戦してもらいたい資格です。

 
 
PEM取得カリキュラム(pdf版)
PEM取得モデル例1(pdf版)
PEM取得モデル例2(pdf版)
PEM応募要項(pdf版)
 
   
   
  専門的バックグラウンドに加えて、サステナビリティ、環境マネジメント、ソーシャル・レスポンシビリティを学ぶことで、バランスのとれた広い視野が養われます。この資格を武器に実社会での経験を積んでいけば、生態系保全管理に関するコンサルタントとして活躍することも期待できます。  
  PEMを取得すると・・・  
  ・いろいろな分野、立場を理解した解決策のアプローチができる
・問題解決に必要な考え方とスキルがアップする
・生態系の管理に関する社会的、国際的なニーズ分析力がつく
・英語でのコミュニケーション能力がアップする
・環境関連のネットワークで人脈が広がる
・新しい仕事場の開拓とビジネスチャンスが広がる
・人間が真に豊かな生活をおくるために何を優先すべきか、ともに考える力がつく
 
   
  PEM取得者の声  
  >>PEM説明会の様子  
   
  これまでのレポート