生態適応GC0Eでは二つのタイプの人材育成を目標としています。ひとつは生物・生態系に関連する環境分野で国際的に研究をリードする先端的研究者であり、もう一方は、環境に対する緩和と適応をめざした環境管理を担うことのできる高度な専門家として、国際機関、環境関係の企業およびNGO、自治体などで、問題解決型のプロジェクトを企画運営できる生態環境人材(PEM:Professional Ecosystem Manager)です。
これまでの大学院教育では、狭い専門分野での問題探究能力に重点が置かれてきましたが、実社会が直面している環境問題に対応するには、専門性だけでなく、マネジメント能力、国際性、実践力、問題解決能力を持った人材が求められています。そこで生態適応GCOEでは博士課程での専門研究のほかにPEMを育成することとしました。
 
   
   
   
 
 
   
各プログラム部分をクリックすると、詳細ページに移動します。  
 
 
     
   
  1.国内外で活躍する高度な環境人材の育成
2.生態系管理・環境保全の科学的基盤と方策の提示
3.教育成果の社会への還流
4.日本が世界の生態環境対策において中心的な役割を担う

などの成果を期待してカリキュラムが設計されています。
さらに、5年後以降には、生態環境適応センターの設立、生態系の分野での人材キャリアセンターのサポート、国内外関係組織を含む枠組みとしての発展なども視野に入れ、教育に取り組んでいます。