国際モデルフィールド・東北野外実験フィールド
  東北大学大学院農学研究科附属複合生態フィールド教育研究センターは、陸域および海域での生物生産研究を行なってきた附属農場と附属海洋生物資源教育研究センターを統合し、統合的に環境非破壊型生物生産システムを構築するとともにその教育を行なうことを目的として、平成15年4月に設置された。
本センターは、広大な森林域から中山間域にかけての林地 - 草地 - 耕地がバランス良く配置された複合陸域生産システム部(旧附属農場:大崎市鳴子温泉)と寒流と暖流が交錯する世界三大漁場の一つである三陸海岸に位置する複合水域生産システム部(旧海洋生物資源教育研究センター:女川町)、並びにセミメガポリスの仙台に位置する複合生態フィールド制御部から構成されている。
また、この三点を結ぶ領域を農学研究科のキャンパスの延長上と考え、隣接する国公立試験研究機関の生物生産フィールドと地域連携フィールドを形成し、さらには生態系を異にする海外学術交流協定校の生産フィールドとの間に海外フィールドネットワークを構築することによって、さらに効率的な複合生態フィールドの教育研究を展開することを目的としている。
 
     
 
 
 
海洋、放牧地、森林、水田、畑地など、多岐にわたる広大なフィールドで実験が行われている
 
   
 
国際モデルフィールドトップページ
国際モデルフィールド・サラワク熱帯雨林(マレーシア)
国際モデルフィールド・太湖(中国)
国際モデルフィールド・東北野外実験フィールド