研究テーマ紹介
 
   
   
 
 
 
中静 透 教授(生態適応GCOE拠点リーダー)toron'at'm.tohoku.ac.jp  
 

森林生態学の基礎的研究から生物多様性、持続的な森林管理まで幅広い研究を行っている。具体的な研究テーマは、森林動態と自然および人為的撹乱、熱帯林の林冠生態学、植物と動物の相互作用、人間の森林利用と生物多様性など人間と自然の関わりである。国内外のフィールドでの研究を中心として、生態系の特質を生かした森林管理の研究に取り組んでいる。

 
   
河田雅圭 教授(生態適応GCOEサブリーダー)kawata'at'm.tohoku.ac.jp  
 

生態適応GCOEのプロジェクトとして生態系の頑健性に関する理論的および実証的研究を目指している。具体的な研究テーマは、環境変動に対する生態系の進化的応答、生物分布境界の進化、メタ解析をもちいた生物多様性と生態系機能研究、種多様性におよぼす生態的・進化的 要因解析、生態系機能を維持する空間構造と土地利用などである。

 
   
占部城太郎 教授 urab'at'm.tohoku.ac.jp  
 

地域や地球規模の環境変化は、個体群特性や生物間相互作用にどのような影響を及ぼすのか、またそれらは、生態系の機能や物質循環系をいかに変質させるのか。さらに、生物多様性は生態系機能の維持や物質循環の駆動にどのような役割を担っているのか。河川や湖沼生態系を対象に、個々の生物が持つ生態化学量を視点として研究を進めている。

 
   
彦坂幸毅 教授 hikosaka'at'm.tohoku.ac.jp  
 

植物の地球環境応答の理解・予測につながる研究を行っている。植物の物質生産プロセス(光合成・成長・繁殖)に、温度変化やCO2上昇が与える影響を様々な空間スケール(葉緑体から個葉・個体・個体群・群集まで)と様々な時間スケール(瞬間的応答・順化的応答・進化的応答)で解析している。近年は、火山性ガスが噴出する高CO2環境に生育する植物の進化について研究している。

 
   
千葉 聡 准教授 schiba'at'biology.tohoku.ac.jp  
 

人間活動が、直接あるいは間接的に動物に与える影響に対し、動物はどのように進化的応答や群集レベルの応答、そして生物間相互作用の変化を示すのか、の研究を行っている。また、外来種の侵入、進化過程やそれに対する在来種の応答の研究のほか、島嶼をモデル系として、環境激変に対する影響緩和や生態系保全の研究を行っている。

 
   
津田雅孝 教授 mtsuda'at'ige.tohoku.ac.jp  
 

環境微生物は種々の難分解性化合物分解能をもっている。環境微生物の遺伝情報が示す、細胞内での再編成や種を越えた水平伝播、そして環境変動に伴う遺伝情報の調和的発現制御ネットワークについて解明するため分子遺伝学、分子生物学、ゲノム科学、そして分子生態学の手法を用いて研究を行っている。

 
   
高橋秀幸 教授 hideyuki'at'ige.tohoku.ac.jp  
 

陸上植物は、周囲の環境に適応するために、様々な環境刺激に応答し、体制を制御してストレスを回避する。例えば、植物は光・温度・水・重力・接触・振動などを感受し、伸長方向や形態を制御することで、生存に必要なエネルギーや水を効率的に獲得する。こうした環境適応力の遺伝子的背景・分子機構を解明し、植物が激変する環境に適応できるしくみを明らかにする研究を行っている。

 
     
   
   
牟田達史 教授 tmuta'at'biology.tohoku.ac.jp  
 

感染微生物に対する生体防御機構の理解は生態系の適応力・頑健性を考える上で不可欠である。植物から哺乳動物まで、すべての多細胞生物がもつ自然免疫系の活性化機構・生理機能について、ヒト・マウス培養細胞や遺伝子改変マウスを用い、生化学・分子生物学・細胞生物学・免疫学・発生工学等の手法を駆使して、解析を行っている。

 
   
田村宏治 教授 tam'at'biology.tohoku.ac.jp  
 

生物はさまざまな環境に適応するための適応力、応答力をもつが、その能力には種間差がある。その能力の解明のために、生態適応力の根本を成す生物個体の柔軟性と頑健性を理解する研究に取り組んでいる。なかでも、動物のもつ多様な形態とそれを作り出す能力の種間差について、脊椎動物の体幹部形態の発生・再生現象をモデルシステムに用いて研究を行っている。

 
     
   
   
倉田祥一朗 教授 kurata'at'mail.pharm.tohoku.ac.jp  
 

生物適応力を理解するための手がかりを求め、「発生・再生」と「自然免疫」に見られる個体レベルでの頑健性がもたらされる分子機構について、遺伝学的解析に優れるショウジョウバエを用いて研究している。また、昆虫の自然免疫に作用する化合物を、環境変動によりその拡大が懸念されている昆虫媒介性伝染病の対策の一つとして活用する取り組みも行っている。

 
     
   
   
木島明博 教授 a-kijima'at'm.tohoku.ac.jp  
 

温暖化に対する三陸沿岸における生物分布変動とその要因の解明をテーマに研究を重ねている。暖流と還流の混合域であり、多くの生物種の南限・北限になっている三陸沿岸を調査フィールドに、近年の地球温暖化による各生物種の分布変動と地域適応の実態、およびそのメカニズムを明らかにする研究に取り組んでいる。またその結果から、将来のリスク評価を行うとともにその対策を探る。

 
   
遠藤宜成 教授 yendo'at'bios.tohoku.ac.jp  
 

地球温暖化が深刻になりつつある現在、海でも成層強化による栄養塩欠乏やpH低下による炭酸カルシウムの殻や骨格を持つ生物の減少が心配されている。当研究室では、海洋プランクトンの基礎的研究に加え、この環境激変によってどのような影響を受けるのか、また、生き延びるためにどのような戦略を用いるのかを生理学的、生態学的に研究している。

 
   
吾妻行雄 教授 agatsuma'at'bios.tohoku.ac.jp  
 

温暖化は沿岸岩礁域でコンブ目海中林の崩壊と紅藻無節サンゴモ群落の拡大による“磯焼け”を引き起こし、海中林はコンブ目からヒバマタ目へと交代し、群集構造が大きく変化している。コンブ目海中林を食物としてきた北日本の主要な食用ウニは生物生産を大きく低下させている事実も見いだされている。消費者と交代した生産者との種間相互作用を通じて適応システムを探る。

 
   
陶山佳久 准教授 suyo'at'bios.tohoku.ac.jp  
 

森林植物を対象とした、遺伝的多様性と生物・生態系の適応力、生態系機能との関係、多様性の維持メカニズムとその保全対策などについて、分子生態学的アプローチによる研究を推進している。国内外でのフィールド調査と、ラボでの高精度なDNA分析技術によるアプローチが特徴である。また、生物多様性と生態系機能との関係解明を図る大規模野外操作実験も予定している。

 
     
   
   
福本潤也 准教授 fukumoto'at'plan.civil.tohoku.ac.jp  
 

生態環境の急激な変化に適応するための社会的な仕組みのあり方(生態環境ガバナンス)について研究している。生態環境に関する人類の英知を集約しながら相互に対立する多様な主体の利害を調整するための新しい仕組みを構想し、その実装化に向けて解決が必要な課題の解決に取り組んでいる。現在は、特に発展著しい情報通信技術を利活用した新しい仕組みに注目している。

 
     
   
   
藤崎成昭 教授 fujisaki'at'mail.kankyo.tohoku.ac.jp  
 

水問題の諸相を学際的、包括的に明らかにするために、インドネシアのバンドン地域水系に焦点を当て調査研究中である。上流部における流域生態系(森林)の荒廃、流水量の変動、水質悪化の実態を自然科学的観点から、同時に、産業の分布、都市域の拡大とインフラ建設、法律や条例、行政機構、各種環境管理サービスの整備状況などに焦点を当て、社会科学的観点から研究している。

 
     
   
   
西村修 教授 osamura'at'eco.civil.tohoku.ac.jp  
 

人間に様々なエコロジカルサービスをもたらしている河川、湖沼、干潟、藻場などは、地球規模での環境問題に繋がる水域生態系として、その保全が求められている。その解決策として、太陽エネルギーの活用を基本とし、水中の有害物質を処理・無害化・資源化する技術、多様な生物の生育・生息を可能とする人工生態系創出技術の研究開発を行っている。

 
   
中野和典 准教授 knakano'at'eco.civil.tohoku.ac.jp  
 

自然界にはエネルギーを必要としない優れた浄化機能が存在する。湿地浄化法は自然の機能を人工的に強化して低エネルギーで効果的な水質浄化を実現する技術である。現在は、川渡フィールドセンターに設置する実験用人工湿地を対象とし、根圏微生物生態系および植生の存在と、人工的な水理学的操作による高度な水質浄化機能のメカニズムを明らかにすることを試みている。

 
     
   
   
林山泰久 教授 yhaya'at'econ.tohoku.ac.jp  
 

私たちが営む社会経済活動は、生態系を含めた自然(Law of Nature)の一部分に過ぎず、その活動が原因となり、環境問題を引き起こしていることは周知の事実である。このような社会経済活動と自然との相互作用を経済学的視点から分析する。具体的には、環境の貨幣的評価や環境政策の実施が社会経済に与える影響を理論経済学に立脚したモデルを用いて分析を行う。

 
     
   
   

吉本敦 客員教授(統計数理研究所)yoshimoa'at'ism.ac.jp

 
 

社会現象,自然現象を対象にした決定論的及び確率論的な統計数理モデル,経済活動,自然成長を通した予測モデル,更には最適化による制御モデルの構築を中心に,フィールドワークを通して循環型社会経済システムにおける持続的森林資源管理に関わる研究を行っている.具体的な研究テーマは,持続的森林資源管理におけるリスク評価モデルの構築・経済分析などである.

 
   

竹本徳子 特任教授(シニアビジネスアドバイ)takemoto'at'm.tohoku.ac.jp

 
 

生態系サービスの低下をくいとめ、その恩恵を誰もが享受できる社会を次世代に残すことが私たちの使命である。経済優先の戦略から脱却し、環境配慮型商品の開発・販売、CSR調達、自然エネルギーの利用など、いかに本業に密着したエコシフトができるか、消費者の意識を変えられるか、ビジネスの現場で研究を行う。産官学・NGOとのコンソーシアムを通し、生態適応の実践にあたる。

 
     
   
足立 直樹 (アドバイザ-) 株式会社レスポンスアビリティ代表取締役,博士(理学)  
 

生態学の研究者として国立環境研究所、マレーシア森林研究所に勤務の後、コンサルタントとして独立。2006年に株式会社レスポンスアビリティを設立。多くの先進企業に対して、環境経営とCSRのコンサルティングを行う。特に「企業による生物多様性の保全」や「CSR調達」を専門に取り組んでいる。「企業と生物多様性イニシアティブ」の事務局長も務めている。