セミナー・シンポジウム
   
■ 国際シンポジウム・フォーラム等
2012.12.12

第4回生態適応フォーラム「Interface between Science and Policy」
>>要旨集PDF

2012.2.16

グローバルセミナー東北「震災復興と生態適応」 東北大学・片平さくらホール

2011.11.16

第3回生態適応フォーラム「Adaptability of Human Societies to Perturbation」 仙台国際センター・仙台市
>>要旨集PDF
>>フォーラムの成果報告はこちら

2011.2.17

国際シンポジウム2011 生物多様性を測る ~企業で使える生態系サービス指標~
@国連大学 ウ・タント国際会議場

>>シンポジウムの成果報告はこちら

2010.11.30-12.3

第2回生態適応フォーラム「持続可能な社会に向けた生態適応科学に関連する技術」 @ 東北大学 片平さくらホール・仙台市 産業プラザ 多目的ホール 
>>要旨集
>>フォーラムの成果報告はこちら

2010.3.13-14

森林資源管理と数理モデル 十周年記念国際シンポジウム FORMATH2010 @ 統計数理研究所 

2010.2.21-24

第1回生態適応国際フォーラム 「生物と生態系の頑健性と安定性」
@仙台国際センター

>>要旨集PDF
>>フォーラムの成果報告はこちら

2010.1.18

生態適応シンポジウム2010 「生物多様性オフセットと生態適応」
詳細・成果はこちらから

2009.8.17-21

Stoichimetry Workshop for Young Scientists (Woodstoick 2009) @ 川渡セミナーセンター
成果はこちらから

2009.2.19
「環境機関コンソーシアム」設立記念国際シンポジウム『気候変動と生態適応』
2008.12.10-11
第24回国際生物学賞受賞記念シンポジウム: Memorial symposium of the 24th international prize for biology
 
     
 
■ 生態適応セミナー
第82回 2012.2.8

「系統地理に始まりどこへ行く? -高山植物における隔離分布の歴史と光受容体を介した適応進化-」
  池田 啓 博士(国立科学博物館)

第81回 2012.12.17

「東南アジア地域における人為活動が菌類の多様性に及ぼす影響」
  山下聡 博士(森林総合研究所)

第80回 2012.12.4

「クラゲ大発生:人為的環境改変による海の終着点か?」
  上 真一 博士(広島大学大学院生物圏科学研究科 教授)

第79回 2012.11.26

「耕作放棄の景観依存性 ~休耕田がもたらす野生動物個体数への影響~」
  黒江美紗子 博士(九州大学)

第77回 2012.11.21

「日本における生物多様性保全の課題」
  田中 章 博士(東京都市大学)
「アメリカにおけるミティゲーション・バンキングとコンサベーション・バンキング」
ウェイン・ホワイト氏(Wildlands社 ビジネス開発部ディレクター)

第76回 2012.11.9

「2枚の貝殻の作り方 -胚発生からみる軟体動物の形態進化-」
  栗田 喜久 博士(OIMB, University of Oregon)

第75回 2012.11.7

「生物間相互作用の巨大ネットワークを読み解く」
  東樹 宏和 博士(京都大学・地球環境学堂)

「塩基配列と生物種名の深い谷: 新規準とアルゴリズムで橋を架ける」
  田辺 晶史 博士(京都大学・地球環境学堂)

第74回 2012.10.19

「ゲノムの分岐パターンから探る,歴史,種分化,適応」
  長田 直樹 助教(国立遺伝学研究所)

第73回 2012.9.5

「生態系における微生物の生活様式 ―土壌と水の微生物を例に―」
  瀬戸 昌之 名誉教授(東京農工大学)

第72回 2012.7.13

「The evolutionary ecology of long-lived perennials: reproduction and inconsistent sprouting in a demographic context」
  Richard P. Shefferson 准教授(University of Georgia)

第71回 2012.6.27

ドキュメンタリー映画「タイガからのメッセージ」上映

「オホーツク海・親潮の巨大魚附林としてのアムール川流域-現状と将来課題」
  白岩 孝行 准教授(北海道大学)

第70回 2012.5.28

「ボルネオ島熱帯雨林における土壌呼吸と炭素配分」
  片山 歩美 博士(九州大学 演習林)

「樹木豊凶(マスティング)進化に与える実生バンクの役割、有限集団サイズの効果」
  立木 佑弥 博士(九州大学 システム生命科学府 数理生物学研究室)

第69回 2012.5.8

「遺伝子の「運び手」プラスミドの環境細菌集団内における真の宿主域の解明」
  新谷政己 博士(理化学研究所)

第68回 2012.3.15

「Effects of the Fugu Poison Tetrodotoxin (TTX) on the Mammalian Cardiovascular System」
  Thomas Zimmer 博士(University Hospital Jena)

第67回 2012.3.14

「細菌におけるsmall RNAによる遺伝子発現制御」
  宮腰昌利 博士(ヴェルツブルグ大学)

第65回 2011.12.14

「従属栄養鞭毛虫の正体、鞭毛菌類とその隠された機能 Heterotrophic flagellates and hidden putative functions from zoosporic fungi in pelagic ecosystems」
 Télesphore SIME-NGANDO and Serena RASCONI(Génome et Environnement, Université Blaise Pascal)

第64回 2011.12.9

「消費型競争と餌の化学量:ミジンコを用いた実験的解析」
 岩渕翼博士(東北大学生態適応グローバルCOE)

第63回 2011.12.2

「フェノロジーと食物網から環境激変への生物の応答を考える」
 土居秀幸 博士(広島大学サステナブル・ディベロップメント実践研究センター)

第62回 2011.11.11

「社会科学の生態系へのアプローチ:生態系と人間社会の接点を考える」
 上須道徳 博士(大阪大学環境イノベーションデザインセンター)

第61回 2011.9.30

「脊椎動物における頭部形態の発生と進化」
 武智正樹 博士(岩手医科大学 解剖学講座)

第60回 2011.9.14

「Development and environment risk assessment of genetically engineered turfgrass varieties with high commercial values」
 Prof. Hyon-yeon Lee(Cheju National University, Korea)

第59回 2011.8.11

「Ecological and non-ecological speciation mechanisms」
 Prof. Erik Svensson (Lund Unversity, Sweden)

第58回 2011.7.15

「土壌生物の相互関係:ミミズ腸内細菌群集構造解析からの考察」
 中村和徳博士(生態適応GCOEフェロー)

第57回 2011.7.6

「災害に強いまちづくりへの提案:屋上緑化の雨水流出遅延・抑制効果の定量化」
 菊池佐智子博士(生態適応GCOE助教)

第56回 2011.6.22

「共生者と宿主の対立と克服の分子メカニズム」
 大手学博士(生態適応GCOE助教)

第55回 2011.6.8

「機能形質の環境応答 -種・機能型・群集レベルの応答パターンの比較‐」
 神山千穂博士(生態適応GCOEフェロー)

第54回 2011.5.25

「遺伝浸透と生殖隔離機構 -オオオサムシ亜属の例-」
 長太伸章博士(生態適応GCOE助教)

第53回 2011.5.11

「社会性昆虫の分業を支える神経分子基盤 -兵隊シロアリの防衛行動を題材に-」
 
石川由希博士(東北大学生命科学研究科)

第52回 2011.5.11

「生物多様性に配慮した持続可能な土地利用へ向けて:企業保有地を対象とした土地利用評価ツールの開発」
 木村幹子(生態適応GCOEフェロー)

第51回 2011.1.6

"Stochasticity and bistability of the ICEclc genomic island"
Dr. Ryo Miyazaki
(Department of Fundamental Microbiology, University of Lausanne, Switzerland
)

第50回 2010.11.25

「生物多様性と環境経済学」日引 聡 先生 (国立環境研究所)

第49回 2010.10.29

[1] "MHC evolution: beyond selection on the immune genes"
Dr. Cock van Oosterhout
(Evolutionary Biology Group, Department of Biological Sciences, University of Hull, UK)
[2] "Spatial and temporal Major Histocompatibility Complex (MHC) variation in the Trinidadian guppy"
Dr. Mark McMullan
(Evolutionary Biology Group, Department of Biological Sciences, University of Hull, UK)

第48回 2010.10.15

「生態系サービスと生物多様性の経済学」馬奈木俊介 先生 (環境科学研究科)

第47回 2010.9.24

"Seabirds, predators, and how they affect island ecosystems"
Dr. Peter Bellingham (Landcare Research, New Zealand)

第46回 2010.8.6

「Sustainable Water Environmental Management of Catchment Ecosystem ~ A Case Study in the Changjiang (Yangtze) River Basin」 徐開欽 博士 (国立環境研究所 循環型社会廃棄物研究センター)
「Water Environmental Policy in China」 葉春 教授 (Research Center of Lake Eco-environment, Institute of Water Environment, Chinese Research Academy of Environmental Sciences)

第45回 2010.7.23

「中国の水環境保全とガバナンス―太湖流域の事例を中心に―」 大塚健司先生 (アジア経済研究所 新領域研究センター)

第44回 2010.7.16

「中国の水環境を巡る環境問題と日本」 水落元之先生(国立環境研究所アジア自然共生研究グループ)

第43回 2010.7.2

「広葉樹林の分断化が鳥類に及ぼす影響の緩和―人工林マトリックス管理の提案―」 山浦悠一(北海道大学大学院農学研究院);
「自然撹乱体制に基づいた生態系管理」 森章(横浜国立大学環境情報研究院)

第42回 2010.6.18

Learning the Secrets of Scarless Wound Healing and Tissue Regeneration: Professor Enrique Amaya (The Healing Foundation Centre, University of Manchester(UK))

第41回 2010.6.18

変動する環境の中で水産資源を管理する: 伊藤進一(水産総合研究センター 東北区水産研究所)、渡邊良朗(東京大学 大気海洋研究所)、谷津明彦(水産総合研究センター中央水産研究所)

第40回 2010.4.22

両生類幼生をモデルとした表現型可塑性の生態学:個体レベルから個体群・ 群集レベルへ: 岸田治(北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター 天塩研究林); 捕食危機に対処する可塑的防御形態:発現メカニズムを探る:西村欣也(北海道大学・大学院水産科学研究科)

第39回 2010.4.27

「カメの作り方」 長島 寛 博士 (理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター形態進化研究グループ) 

第38回 2010.4.20

環境改善によるレクリエーション便益評価 — 家計生産関数アプローチ —   野原克仁博士(生態適応GCOE助教)

第37回 2010.4.6

Population genomic studies in a widespread conifer: neutral and adaptive processes in the context of climate change. 三村眞紀子博士(九州大学GCOE特任助教):Jason Holliday博士(バージニア工科大・助教)

第35回・36回 2010.3.11

森林管理・モデリング・REDD

第34回 2009.12.16

免疫の適応科学 後藤彰博士(生態適応GCOE助教);金成安慶博士(生態適応GCOE助教)

第33回 2009.12.15

地球環境変化に対応した農業・畜産業のあり方 中井裕先生(東北大学大学院農学研究科);山本勝利先生(農業環境技術研究所);中川博視先生(石川県立大学)

第32回 2009.12.7

「両生類のリモデリングと免疫 -環境適応のための組織再構築-」 井筒 ゆみ 博士( 新潟大学)

第31回生態適応セミナー(企画セミナー1)2009.11.24

「生態系再生技術としての生態工学の現状と課題:河川・湖沼・干 潟・藻場再生の現場から」島谷幸宏先生(九州大学大学院工学研究院); 西廣淳先生(東京大学大学院農学生命科学研究科); 岡田光正先生(広島大学大学院工学研究科)

第30回 2009.11.18

二次代謝産物の多様性を生み出すシロイヌナズナの 直列重複遺伝子 花田耕介 博士  (理化学研究所 植物科学研究センター)

第29回 2009.11.11

環境ストレスに対する適応反応 山崎誠和博士(東北大学・生態適応GCOEフェロー) (生態適応GCOE助教)加藤広海博士 (東北大学・生態適応GCOEフェロー)

第28回 2009.11.12

プラナリアの脳形成から見た脳の進化とその多様性 梅園 良彦 博士 (京都大学・大学院理学研究科・生物科学専攻・生物物理学教室・分子発生学講座)

第27回 2009.10.28

生態系に対するのヒトの影響を読み解く 富松裕博士(東北大学・生態適応GCOE助教)

第26回 2009.10.26

"Oceanic turbulence and phytoplankton dynamics": 山崎秀勝博士 (東京海洋大学教授)
"The roll of upwelling and internal waves as forcing agents in ecosystem change along the Pacific coast of Panama": Scott Gallager博士 (Woods Hole Oceanographic Institution研究員)
"HabCam: An optical benthic habitat characterization system to quantify ecosystem change": Amber York博士 (Woods Hole Oceanographic Institution助手)

第25回 2009.10.14

生物多様性の理解に向けた進化学的アプローチ 牧野能士 (東北大学・生態適応GCOE助教)石田聖二 (東北大学・国際高等教育研究機構/生態適応GCOE助教)

第24回 2009.10.5
The role of krill and other zooplankton in the Barents Sea  ecosystem based on long-term monitoring Padmini Dalpadado博士 Institute of Marine Research, Bergen, Norway
第23回 2009.8.24
The Impact of Climate Change on Global Food Supply and Demand, Food Prices, and Land Use  Huey-Lin Lee (Department of Economics, National Chengchi University) 日引聡 (国立環境研究所 社会環境システム研究領域 室長)
第22回 2009.8.12
自然環境問題に対する経済学的アプローチ  稲垣雅一,木島真志,中嶌一憲 東北大学・生態適応GCOE助教
第21回 2009.7.22
複雑食物網の維持メカニズム:「部品」がだいじか、「組み合わせ」がだいじか 近藤倫生博士 龍谷大学
第20回 2009.7.15
メタゲノムインフォマティクス  黒川 顕 教授 東京工業大学・大学院生命理工学研究科
第19回 2009.7.13
シロイヌナズナ根毛形成部位における平面極性機構  池田佳久博士 Guest Researcher, Umea Plant Science Centre (UPSC), Department of PlantPhysiology, Umea University
第18回 2009.6.4
生態系の地上部・地下部特性に外来植物はどう影響するか?  黒川紘子博士 東北大学・生態適応GCOE助教
第17回 2009.6.1
硬骨魚類におけるゲノム倍加と種特異的多様化  Hayato YOKOI 博士 Postlethwait Lab, Institute of Neuroscience, University of Oregon
第16回 2009.5.18
Inferences of demographic processes from genetic diversity using coalescent methods in humans Frederic Austerlitz博士
第15回 2009.5.7
モンゴルの放牧地生態系における持続的土地管理への生態学的基準 佐々木雄大 博士
第14回 2009.4.27
視覚光センサーと色覚の進化多様性:魚類と霊長類から 河村正二 博士
第13回 2009.4.13
シロイヌナズナの根系形成を制御する水分屈性 Dr. Gladys I. Cassab
第12回 2009.4.20
トゲウオにおける適応進化の遺伝機構 北野潤 博士
第11回 2009.3.23
The importance of variation among individuals for tree population dynamics  Pieter Zuidema 博士
第10回 2009.3.13
葉の力学的構造、そして強度の世界的傾向 小野田雄介博士
第9回 2009.1.29
破骨細胞の細胞内シグナル伝達と骨免疫学 高柳 広 博士
第8回 2008.12.15
感染症媒介のバイオロジー 嘉糠洋陸氏
第7回 2008.12.08
Rural land ownership change in the United States: Intersections of local and global dynamics Jesse Abrams氏
第6回 2008.11.20
捕食者-餌系における個体群動態と進化動態の融合:理論とミクロコズムによる実証 吉田丈人博士
第5回 2008.10.28
Diversity and evolution of microorganisms, genes, and catabolic pathways for the biodegradation of s-triazine herbicides and structurally related compounds Michael J. Sadowsky 博士
第4回 2008.10.30
Molecular and genetic mechanisms regulating vertebrate limb
development and regeneration 川上康彦 博士
第3回 2008.10.29
Dendritic cell responses nucleic acid adjuvants. 改正恒康 博士
第2回 2008.10.01
Thigmomorpogenesis:characteristics of Normal vs Flexure Wood in C5H Over-expressed Populus tremula xP.alba,Clone 717. Frank W. Telewski
第1回 2008.09.02
A User's Guide to Ecological Stoichiometry. Robert W. Sterner
 
     
 
■その他
2011.3.4

第2回「環境機関コンソーシアム」交流会

2010.12.14

PEM(Professional Ecosystem Manager)育成プログラム/先端研究者育成プログラム説明会

2009.12.17
環境人材育成プログラム(PEM)説明会
2009.11.17
総合学術博物館主催・生態適応GCOE 共催公開講演会: 洪在上(ホン・ジェサン)博士 タイトル:The Yellow Sea Tidal Flat: The World’s Largest Coastal Landscape in Peril
2009.9.10-11
川渡人工湿地視察会
2009.7.4
鼎談「白神山地の今昔-世界遺産の保全のあり方」
【学都仙台・宮城サイエンス・デイ】協賛プログラム
2009.5.14
「環境機関コンソーシアム」総会