セミナー・シンポジウム  

第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム
「沿岸生態系を活用した防災と減災:Eco-DRRの主流化と課題」
日時 2015年3月15日[日] 13:10~15:50(13:00開場)
場所 東北大学川内北キャンパス 講義棟C棟 2階 C206
※入場無料・同時通訳あり
<フライヤー> <パンフレット> <宣言文> <発表スライド>

概要

生態系を基盤とした防災・減災(Eco-DRR)についての進展と我が国の動向を紹介するとともに,気仙沼や仙台湾における沿岸生態系の現状とその生態系特性を活用した防災・減災の取り組みについて口頭発表やパネルディスカッション等を通じて議論・情報共有し,Eco-DRRの主流化について提言を行います.

プログラム

コンビナー:占部城太郞(東北大学大学院生命科学研究科 教授)
      竹本徳子(立教大学経営学部 プログラム・コーディネーター)

13:10 はじめに

      東北大学大学院生命科学研究科 教授 中静透

第1部 生態系を基盤とした防災・減災

13:20 基調講演

  「生態系を基盤とした防災・減災:科学と政策における新たな進展」
      国連大学環境・人間の安全保障研究所
      環境脆弱性と生態系サービス課 課長 Fabrice Renaud

13:40 講演1

  「生態系を基盤とした防災・減災と気候変動適応対策の促進に向けて」
      国際自然保護連合 シニア・プロジェクト・オフィサー
      古田尚也

13:55 講演2

  「コミュニティが生態系を活用した防災に果たす役割」
      コンサベーション・インターナショナル・ジャパン 代表理事
      日比保史

14:10 講演3

  「東日本大震災の津波復興における巨大海岸構造物に対する
   Eco-DRR代替案と既存土地制度との相克」
      九州大学大学院工学研究院 准教授 清野聡子

14:25 休憩


第2部 仙台湾・気仙沼からの報告

14:35 報告1

  「Eco-DRRの源泉としての海岸エコトーンモニタリング」
      東北学院大学教養学部 教授 平吹喜彦
      南蒲生/砂浜海岸エコトーンモニタリングネットワーク

14:45 報告2

  「蒲生に楽しい防災公園を」
      仙台の高校生で考える防潮堤の会(仙台教育技術研究所)

14:55 報告3

  「生態学的土地・資源管理の一環となる環境形成技術について」
      東京大学空間情報科学研究センター 協力研究員 廣瀬俊介

15:05 報告4

  「東日本大震災の津波被災地の子どもを対象としたESDプログラムの
   役割と展望」
      東京農工大学大学院連合農学研究科 秦範子

15:15 報告5

   気仙沼市小泉地区「子ども小泉学」受講生報告

15:25 総合討論、提言の採択

主催 東北大学大学院生命科学研究科生態適応センター
後援 環境省東北地方環境事務所 国際自然保護連合
   コンサベーション・インターナショナル・ジャパン
協賛 サラヤ株式会社
お問い合わせ 東北大学生態適応センター
Tel: 022-795-3637 e-mail: eac@g-mail.tohoku-university.jp

気仙沼市小泉地区エクスカーション

2015年3月14日[土]
8時30分 
仙台駅東口 観光・送迎バス乗降場集合,19時同所解散
※ 参加無料(昼食代・美術館入館料は自己負担)

概要

生態適応センター「海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト」では,震災による津波被害を受けた気仙沼市本吉町の子どもたちが,森や海などでの自然体験活動や地元の地理・歴史の学びを通して,身近な自然や生態系の豊かさや人々の暮らしに気付き,未来に何を残したいかを考えることを目指すESDプログラム「子ども小泉学」を実施しています.
本エクスカーションでは、受講の子どもたちによる干潟などの現地の案内の後,リアス・アーク美術館にて『本吉町子ども未来会議』の様子をご覧いただきます.
ESD: Education for Sustainable Development 持続可能な開発のための教育

プログラム

8:30 仙台駅集合,出発
11:00 小泉地区にて「子ども小泉学」の受講生が案内
12:00 リアス・アーク美術館に移動
12:30 美術館レストランにて昼食
13:30 大人は常設展示見学(*子どもたちはワークショップ)
14:45 子どもたちによる発表
15:30 ゲストによる講評
16:30 現地出発
19:00 仙台駅にて解散
お問い合わせ 東北大学生態適応センター
Tel: 022-795-3637 e-mail: eac@g-mail.tohoku-university.jp