第31回生態適応セミナー(企画セミナー1)  
島谷幸宏先生(九州大学大学院工学研究院)
西廣淳先生(東京大学大学院農学生命科学研究科)
岡田光正先生(広島大学大学院工学研究科)
     
  「生態系再生技術としての生態工学の現状と課題:河川・湖沼・干 潟・藻場再生の現場から」  
     
  日時 11月24日(火)15:00-18:00  
  場所 東北大学片平キャンパス多元物質科学研究所 材料・物性総合研究棟1
号館1階会議室
 
  http://www.tagen.tohoku.ac.jp/general/access/campus-map.gif  
     
  <企画趣旨> 生態系適応科学の体系化においては、生態系や生物システムを対象とした基礎的 研究、それらの適応力を活かした保全技術の開発、さらには生態系保全対策の経 済性や社会的合意形成までを含んだ社会システムに関する研究を一体的に行い、 それぞれの融合を図ることが必要不可欠である。 本講演では、生態系適応科学に関連する分野間連携の一環として、生態工学分野 において優れた業績を挙げておられる講師の方々をお招きし、河川・湖沼・干 潟・藻場にいたる様々な系における生態系再生技術を紹介していただく。そし て、生態工学の現状と課題を踏まえながら、同分野が生態系適応科学とどのよう にして融合的に結び付けられるかを幅広く議論することを目的としたい。

<講師陣>
島谷幸宏先生(九州大学大学院工学研究院) 「河川再生の現場から」

西廣淳先生(東京大学大学院農学生命科学研究科) 「湖沼再生の現場から:湖 岸植生の再生技術と評価手法」

岡田光正先生(広島大学大学院工学研究科) 「干潟・藻場再生の現場から」