第37回生態適応セミナー  
三村眞紀子博士(九大GCOE・特任助教)

Jason Holliday博士(バージニア工科大・助教)
     
 
 
 
     
 

日時 4月6日(火曜日)15:00-17:00

 
  場所 青葉山キャンパス 生物地学共通講義室  
     
  講師:三村眞紀子博士(九大GCOE・特任助教)

Adaptive divergence with environmental gradients in a range-wide context in a tree species, Picea sitchensis

講師:Jason Holliday博士(バージニア工科大・助教)

Population genomic studies in a widespread conifer: neutral and adaptive processes in the context of climate change.

講演者のJason Holliday博士と三村眞紀子博士は、ともにカナダ・ブリティッシュコロンビア大学(UBC)の林学部で,北米西海岸に生育するシトカトウヒの局所的適応に取り組んでこられました.緯度に沿った適応形質の変化とその遺伝的なバックグラウンドについて精力的な研究をされてきました.シトカトウヒをはじめ北方林の針葉樹の多くは気候変動の影響をもっとも受けやすい種のひとつであり,その環境適応メカニズムを明らかにすることは,種の保全と資源の持続的な利用を支えるうえで重要です.お二人のお話は,生態適応GCOEの多くのみなさんにも関心を持っていただけると思います.