国際シンポジウム2011

生物多様性を測る
~企業で使える生態系サービス指標~

 
 
 

主催:東北大学生態適応グローバルCOE「環境機関コンソーシアム」
共催:国際連合大学高等研究所, 日経BP環境経営フォーラム
後援:環境省、経済産業省、
   持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)
協賛:富士通株式会社、味の素株式会社、株式会社竹中工務店

  >>こちらから、成果報告がご覧になれます
  (日経BP環境経営フォーラムリポート)


>>こちらから、Webキャストがご覧になれます

>>こちらから、ポスターのダウンロードができます
 
     
  《プログラム》  
 

講演者の名前をクリックすると、プレゼンテーションファイル(PDF)がダウンロードできます。

 
 

10:30 開会挨拶:
    生態適応GCOE環境機関コンソーシアム会長
    /バードライフアジア特別顧問
    市田則孝氏 
 
10:35 共催挨拶:
    国際連合大学副学長/国際連合大学高等研究所所長
    Dr. Govindan Parayil

10:40 基調講演:国内外の生態系サービス評価動向と課題
    東北大学大学院生命科学研究科教授/生態適応GCOEリーダー
    中静 透

11:20 講演1.WBCSDの企業の生態系評価(CEV: Corporate
    Ecosystems Valuation)入門
    -生態系サービスを評価することで、企業がより良い意思決定を
    できるように

    Managing Director, Ecosystems Focus Area, WBCSD
    Mr. James Griffiths

12:00 講演2.生態系サービス指標とGRI:
    企業のサステナビリティ報告書にみられる企業哲学

    Programme Officer, UNEP- WCMC
    Mr. Tristan Tyrrell 

12:40 昼食

14:00 講演3. 生物多様性と生態系サービスを測る:バードライフ・
    インターナショナルのアプローチとビジネスとの関係

    CEO, BirdLife International
    Dr. Marco Lambertini

14:40 講演4.生態系影響評価手法LIMEの考え方と事例
    東京都市大学准教授
    伊坪徳宏氏 

15:20 Coffee Break 

15:40-17:30 パネルディスカッション
    ファシリテータ:
    足立直樹氏(株式会社レスポンスアビリティ代表取締役)
    パネリスト:
    富士通株式会社 前沢夕夏氏
    (環境本部環境企画統括部 プロジェクト課長)
    味の素株式会社 杉本信幸氏
    (環境・安全部兼CSR部専任部長) 
    株式会社竹中工務店 三輪 隆氏
    (技術研究所先端技術研究部エンジニアリング部門主席研究員)
    東京都市大学環境情報学部准教授 伊坪徳宏氏
    東北大学大学院生命科学研究科教授 中静 透

17:30 閉会挨拶 
    日経BP環境経営フォーラム 事務局長  松井史郎氏  

17:45~ レセプション(於:国際連合大学 レセプションルーム)

 
     
 

【お問い合わせ先】
東北大学大学院 生命科学研究科
生態適応グローバルCOE支援室

〒980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉6-3
TEL: 022-795-3637 FAX: 022-795-3638
e-mail: eco-gcoe@bureau.tohoku.ac.jp