© 東北グリーン復興コミュニティ All rights reserved.

0315

《お知らせ》気仙沼市小泉地区エクスカーション

概要

生態適応センター「海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト」では,震災による津波被害を受けた気仙沼市本吉町の子どもたちが,森や海などでの自然体験活動や地元の地理・歴史の学びを通して,身近な自然や生態系の豊かさや人々の暮らしに気付き,未来に何を残したいかを考えることを目指すESDプログラム「子ども小泉学」を実施しています.
本エクスカーションでは、受講の子どもたちによる干潟などの現地の案内の後,リアス・アーク美術館にて『本吉町子ども未来会議』の様子をご覧いただきます.
ESD: Education for Sustainable Development 持続可能な開発のための教育

詳細はこちら

日時
2015年3月14日[土]

場所
8時30分 仙台駅東口 観光・送迎バス乗降場集合,19時同所解散
※ 参加無料(昼食代・美術館入館料は自己負担)

プログラム
8:30 仙台駅集合,出発
11:00 小泉地区にて「子ども小泉学」の受講生が案内
12:00 リアス・アーク美術館に移動
12:30 美術館レストランにて昼食
13:30 大人は常設展示見学(*子どもたちはワークショップ)
14:45 子どもたちによる発表
15:30 ゲストによる講評
16:30 現地出発
19:00 仙台駅にて解散

お問い合わせ 東北大学生態適応センター
Tel: 022-795-3637 e-mail: eac@g-mail.tohoku-university.jp

What do you think of this post?
ほっとけない! (0) 共感 (0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
pamph_urato

浦戸諸島の生物

河田研では浦戸諸島の生物を研究の対象にしてきました。このページには、浦戸諸島の植物と昆虫のリストがあり、名前を調べられるようになっています。…

三陸復興国立公園の公園区域の変更(南三陸金華山国定公園区域の編入)について

環境省は、東日本大震災からの復興に向け、森・里・川・海のつながりにより育まれてきた自然環境と地域の暮らしを後世に伝え、自然の恵みと脅威を学び…

0326_1

20153/26

メディア掲載のお知らせ: チガノウラカゼコミュニティ

『TOKYO PAPER』につながる湾プロジェクトを紹介していただきました。 こちらでダウンロードすることができます。 http://w…

satoyume

さとゆめLAB SHOP:フカコラーゲンミスト/ジェル、ホイスターソース 継続販売決定!!

気仙沼の水産資源から新しい価値を創造するため、地元企業30社以上の知恵と思いを結集させた水産加工製品ブランド kesemo。 その k…

お知らせ:第19回海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト

来月に開催されるうみたん会議のご案内です。 ******************************** 第19回海と田んぼからのグ…

ページ上部へ戻る